記事一覧

マストは、ルイ・カルティエが1917年にデザインした最初のタンク ウォッチの美学を踏襲している。

オリジナルデザインは、頭上から見た戦車をイメージしたもので、ダイヤルのトレッドのようなフレームを形成するブランカードが直線的で無駄がない。当時、タンクは性別にとらわれない画期的な時計だった。男性用でも女性用でもなく、優れたデザインを愛するすべての人のための時計だったのだ。

それは、現代ではそれほど斬新なアイデアではなくなった。とはいえ、まだ十分に革命的だけれど。

カルティエ タンクソロ XL W5200027 新品腕時計メンズ送料無料

品名 タンクソロ XL
Tank Solo XL
型番 W5200027
素材 ケース ステンレススチール
ベルト 革
ダイアルカラー シルバー
ムーブメント 自動巻き
防水性能 生活防水
サイズ ケース:4131 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 2針
付属品 カルティエ純正箱付・国際保証書付
2022年新作 大型XLサイズ

私が好きな時計のほとんどは性別に関係なく期待に応えてくれるもので、私がなぜマストに引かれるのか、その理由がよくわかるかもしれない。身につける人やそのスタイリングによって「フェミニン」にも「マスキュリン」にも揺れ動く。カルティエの説明によればマストはユニセックスな時計だが、腕につけるとリアルな自分よりもきちんとした女性であるような気分になる。

1977年に発表されたタンク マストは、一般大衆にエレガントな商品を、という意図でデザインされた。それまでのカルティエの歴史において、時計は富裕層のみが手にできる贅沢品と見なされていた。しかし第二次世界大戦後、フランスが経済的に豊かになった30年間を指す「Les Trente Glorieuses(栄光の30年)」と呼ばれる時代になると、その状況は一変する。突然、高級品が、より多くの人々にとって魅力的で手に入るものになったのだ。カルティエは中産階級を中心とした新たな顧客層を獲得し、その顧客層に対して製品を販売することができた。

カルティエコピー タンクソロ LM W1018355メンズ クォーツ ホワイト

タイプ 新品 メンズ
型番 W1018355
機械 クォーツ
材質名 ステンレス
文字盤色 ホワイト
文字盤特徴 ローマ
ケースサイズ 34.8×27.4mm
付属品 内・外箱
ギャランティー
革ベルト・尾錠 共に純正

「Les Trente Glorieuses(栄光の30年)」の終盤は、スイスのクォーツ危機の始まりと重なり、クォーツムーブメントの普及に伴い、高価で手間のかかる機械式時計の価値が問われるようになった。これは、カルティエが新しいことに挑戦するための絶好の条件となった。1970年代に入ると、カルティエの売り上げは伸び悩み、経営陣は会社を復活させるためには、より手頃な価格の新しい商品ラインが必要だと考えた。1973年、ペン、ライター、バッグなどの高級アクセサリーを揃えた「マスト ドゥ カルティエ」ラインが誕生。その後、1977年にタンク マストが加わり、現在に至っている。

今回のマスト復刻版はその方向性をさらに推し進め、文字盤から「Must de」の文字とロゴを排除し、ほとんど何もないキャンバスをシャープな2本の針だけで時を刻んでいる。秒針がないのは美観の点では有利だが、実用性の点では不利になる。しかし、インデックスや数字がない時計は、正確な時間を示すためのものではない。これを素っ気ないとかミニマリストと呼ぶ人もいるかもしれない。しかし私自身は、エメラルドグリーンの時計が控えめであるとは思わない。


【関連記事】:hacopyブランド スーパーコピー優良サイト

【2022年 新作】航海をテーマにしたフランク ミュラー「ヴァンガード マリナー」に、縦50㎜×横41㎜の新サイズ“V41”が登場

フランク ミュラーは、航海をテーマにした「ヴァンガード マリナー」に新たなサイズを追加した。「ヴァンガード マリナー V41 」は、縦50㎜×横41㎜ と、V45 に比べ縦横約3㎜のダウンサイジングがなされている。 サイズの選択肢が増えたことで自分らしいスタイリングを選べるようになった。

フランクミュラー カサブランカ 偽物 時計 新作 トノウ カーベックス グランギシェ

トノウ カーベックス グランギシェ
Ref:2851S6GGLTDNOIR AC
ケースサイズ:縦45mm×横30mm
ケース素材:ステンレススティール
ストラップ:クロコダイル
ムーブメント:自動巻き
仕様:時・分・秒表示、6時位置にスモールセコンド、ビックデイト

ケースサイドに入った流線的なスリットや、直線的かつ立体的に切り立ったインデックス数字といった「ヴァンガード」の個性はそのままに、文字盤の見返し部分に記された方位角をセンターサークルに移し、「ヴァンガード ヨッティング」で用いた古典的なコンパスローズ(羅針図)のモチーフもコンテンポラリーな航海用方位計のフェイスデザインに一新。さらに3 と 9 のインデックス数字に代わって East と West を示す英文字をグラフィカルに用い、躍動感ある存在感が強化されている。

そして大海原の航海への憧憬をより一層際立たせるのが、ブルージーンズを思わせる淡いブルーだ。それはまさに“マリナー”のシンボルカラーであると同時に、豊富なカラーバリエーションを誇るフランク ミュラーでも唯一という稀少性も見逃せない。

ファッショントレンドでもあるデニムのカラーリングに、スポーティなマリンテイストは優雅なクルーズコレクションを彷彿とさせる。さらにデニムには長年使い続けることで経年変化し、個性豊かに風合いを増すという特徴がある。採用したブルージーンズのカラーは、まさにこうした時の経過によって磨きをかけた美しさを象徴し、ともに時を刻んでいく「ヴァンガード マリナー」の個性を鮮明に映し出す。

【関連記事】:hacopyスーパーコピー 口コミ

ロジェ・デュブイ エクスカリバー ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル&エクスカリバー MB イーオンゴールド、Watches & Wonders 2022で披露された破天荒な時計づくり

アーサー王伝説と“ハイパーオロロジー”の邂逅

汝らよ、聞くがよい! ロジェ・デュブイはWatches & Wonders 2022で2つの新作タイムピース、エクスカリバー ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル モノトゥールビヨンとエクスカリバー MB(モノバランシエール) イーオンゴールドを発表する。スーパーコピー時計前者はロジェ・デュブイの代表的なモチーフであるナイツ オブ ザ ラウンドテーブル(円卓の騎士)シリーズに初めてトゥールビヨンと組み合わせたもので、後者は同社のフラッグシップコレクションであるエクスカリバーに改良した新しい自動巻きキャリバーを組み合わせた作品だ。

汝らよ、聞くがよい! ロジェ・デュブイはWatches & Wonders 2022で2つの新作タイムピース、エクスカリバー ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル モノトゥールビヨンとエクスカリバー MB(モノバランシエール) イーオンゴールドを発表する。前者はロジェ・デュブイの代表的なモチーフであるナイツ オブ ザ ラウンドテーブル(円卓の騎士)シリーズに初めてトゥールビヨンと組み合わせたもので、後者は同社のフラッグシップコレクションであるエクスカリバーに改良した新しい自動巻きキャリバーを組み合わせた作品だ。

ロジェ・デュブイが今になってナイツ オブ ザ ラウンドテーブルシリーズに初めてトゥールビヨンを加えるとは、ちょっと信じがたい話である。このブランドはトゥールビヨンに徹底的にこだわっているからだ。この新作のエクスカリバー ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル モノトゥールビヨンは、テーブルの中央に配置されたトゥールビヨンと、ピンクゴールドで象られた12人の騎士たちがアワーマーカーを表現しているのが特徴だ。搭載される手巻きCal.RD115は、同社が初めて製作したセンタートゥールビヨンムーブメントである。

ロジェデュブイ エクスカリバー スーパーコピーオートマティックスケルトン42 RDDBEX0473

ロジェ・デュブイの初めてのオートマティックスケルトンウォッチ、「エクスカリバー・オートマティックスケルトン42」。
チタンにDLCコーティングを施した42mmケースにはジュネーブシール取得の「RD820SQ」を搭載します。
手作業で仕上げられた167個のパーツから構成されるムーブメントには他社にはない独創的な星の形をブリッジに採用します。
マイクロローターということもあり、細部に渡るまで丁寧に仕上げられたムーブメントがご堪能頂けます。

本作は2013年から続くナイツ オブ ザ ラウンドテーブルシリーズの第8弾だ。時刻は、トゥールビヨンの周囲を回転するダブルディスクを利用したゴールドのマーカーで表示され、時間と分の経過を知らせる。トゥールビヨンの周囲と二重フランジに施された半透明のパープルのブロックには、ムラーノガラスが使用されている。3時位置のリューズには、巻き上げと時刻合わせのための2種類のモードがあり、45mmのPG製ケースの2時位置に設けられたプッシャーにより、ふたつのモードを切り替えることができる。プッシャーが作動すると、小さな赤いマーカーが飛び出し、時刻合わせが可能になったことを知らせる仕組みだ。

ナイツ オブ ザ ラウンドテーブル モノトゥールビヨンは8本限定生産で、ロジェ・デュブイ全体にハロー効果をもたらす作品として、高度な時計製造技術と芸術的な装飾を兼ね備えたブランドの実力を遺憾なく発揮している。一方、新作のエクスカリバー MB(モノバランシエール) イーオンゴールドは、ロジェ・デュブイの技術的な真価を示すと同時に、量産可能な主力製品として位置付けられている。


【関連記事】:偽ブランド情報